«前の日記(2021-07-01) 最新 編集

meta's blog - The Power To Serve

筆者について

FreeBSDを通じてOSSにささかな貢献を。HTTPS化したいとは思っているんです…

OSS活動をご支援いただける方を募集しています


2021-07-30 リトルカブ 強化クラッチ導入&オイルポンプ交換&オイル交換 @31275km

リトルカブ 強化クラッチ導入&オイルポンプ交換&オイル交換 @31275km

リトルカブを75ccにボアアップ後、2000kmほど走行しました。

パワーが増えた分懸念のクラッチは、高回転まで回したときに滑ることはないのですが、50cc用のウェイト16枚の遠心クラッチのため低回転の遠心力が小さい領域で圧着力が足りず、若干滑り気味でした。

田舎で走っている限りは高回転まで回すのでほぼ問題はなく、信号待ちで止まりそうで止まらなかったときの3速25km/hからの再加速や、市街地の渋滞で発進停止を繰り返しているときの1速発進などで滑る感覚があります。出だしで一瞬回転が上がって、回転が上がったのでクラッチがしっかり繋がり回転が落ちるというのを繰り返す感覚です。

というわけで、キタコの強化クラッチキットに交換しました。ついでにオイルも交換です。

ウェイト枚数はスーパーカブ70/90の純正相当の28枚ですが、75ccなのでスーパーカブ70/90純正相当のクラッチであれば十分です。武川の32枚だと、なんとなく繋がりが早すぎて乗りにくそうな気がします。

せっかくクランクケースカバーを開けるので、工賃もまとまるし、ついでにオイルポンプも交換することにしました。

交換後は出だしの滑りが解消され、低回転からしっかりクラッチが繋がるようになりました。回転の低いところから完全に繋がるようになった分、発進加速は少し遅くなりました。また、期待していた低回転域だけではなく、高回転域の最高速度も少し上がった気がします。低回転での滑りが顕著だっただけで、高回転でもわずかに滑っていたのかも。

オイルポンプについては乗っていて違いがわかるようなものではないので変化は感じられませんでした。オイル供給量が増えて安心して乗れます。

今回使ったパーツは以下の4点です。