«前の日(04-17) 最新 次の日(04-19)» 追記

meta's blog - The Power To Serve

筆者について - No Unix, No Life

日本xrdpユーザ会発起人。

とある元大学院生の UNIX 系日記。FreeBSDを通じてOSSに囁かな貢献を。 FreeBSD ports contributor やってます。

For non Japanese native people:
If you are interested in my articles, please leave comments. I will do my best to give you articles in English.


2015-04-18 リトルカブ復活&登録&燃費計測→58.76km/L

リトルカブ復活&登録&燃費計測→58.76km/L

前回の記事の続き。

  • ミラー左右なし
  • テールランプ・ウィンカーなし
  • キーシリンダーぶらりん
  • マフラーちょん切られ
  • ハンドルロック力ずくで解除
  • 燃料タンクキャップ捨てられ
  • レッグシールドのネジがない
  • 車載工具でいろいろ悪さした挙句工具は投棄
  • エンジンオイルはガソリンで薄まってシャバシャバ
  • エンジン不動
  • フロントの泥除けがなぜか前半分だけ引きちぎられている

と、2回の盗難を経て譲り受けたリトルカブはボロボロでした。ミラーは電動自転車から移植。

IMG_4702.JPG IMG_0122.JPG IMG_0125.JPG IMG_0126.JPG

キーシリンダーは外されぷらんぷらんな上に、配線もちょん切られているのでいったん外してハンダ付け。

IMG_4717.JPG IMG_4719.JPG IMG_4721.JPG IMG_4747.JPG

テールランプ・ウィンカーもレンズが外されていたので、予め買っておいたASSYと交換。写真はテールランプASSYを外した後ですが、譲り受けた時点ではレンズと電球のみなくなっていて基部はついていました。ついでにナンバープレートを力ずくで引きちぎったと思われる、曲がったナンバープレートステーもまっすぐに調整。力ずくで引きちぎるしか能のない頭の悪い盗んだ犯人を呪いながら…。

IMG_4750.JPG

灯火類がちゃんとつくようになったので、エンジンをかけてみようとガソリンスタンドに押して行ったら、なぜか24時間のスタンドが閉まっていたり。

IMG_4755.JPG IMG_4757.JPG IMG_4760.JPG IMG_4783.JPG

ガソリンを入れてもエンジンが掛からないので、プラグを外してみたら真っ黒。とりあえず清掃して後日交換しました。プラグを清掃しても一向にエンジンが掛からないので、キャブをばらしてみるとひどい状態だったのでこれも清掃。キャブを元通り組んで、ひたすらキックを繰り返していたらやっとエンジンがかかりました。4枚目はひと通り全部直し終わって100kmくらい走行後の焼け方。

やっとエンジンが掛かったと思ったら、マフラーが切断されているせいでものすごく排気音がうるさいので、ちょっとだけ家の周りを走って来ただけで走るのは中止。

IMG_4699.JPG IMG_4769.JPG

これも断面がものすごく汚い、頭の悪い切り方をしたんだろうかと想像しながら…。中古のカブのマフラーを買ってきて交換。単純に付け替えるだけでいいのかと思っていたら、微妙にステーの形状が違うのか、キックペダルに干渉して付かないので切断されたマフラーのステーと交換して装着。

IMG_4775.JPG

最後にオイル交換。オイル受けはパーツを買ったときの段ボール箱と、2重のビニール袋、トイレットペーパー。 リトルカブのエンジンオイル量は全量0.8L、交換0.6Lで、オイル交換をしても25%もの古いオイルがエンジン内に残ってしまう。排出したオイルを見ると、かなりガソリンで薄まってしまっていたので、薄まったオイル25%と75%の新しいオイルが混ざってしまって結局オイルが薄くなるのを懸念。ドレンを空けてキックしたり傾けたりして、出来る限りオイルを排出して、4輪用のエンジンオイルでフラッシングしてから改めて2輪用のオイルを入れました。

フラッシングに4輪用のオイルを使ったのは特に理由があるわけではなく、単に家に余っていたオイルがそれだったから。しばらくエンジンをかけてから、レベルゲージについたオイルを確認してみるとまだ真っ黒。別に黒いから悪いというわけではないですが、最初のオイルがかなり混ざっていたのを実感。最後に新しい2輪用のオイルを入れて終了。本当はもう1回フラッシングしたかったのだけど、この次点で最初のオイルは 25%×25%=6.25% しか残っていない計算になるので妥協しました。実際にはキックしたり傾けたりしたりで、0.6L以上抜けたのでそれ未満?

燃費

リトルカブが一応走れるようになってから、200km 程走ってみたので燃費を計算してみました。3回目の給油です。1回目は修理中のとりあえずエンジンを掛けられる程度の給油、2回目が燃費計測スタートのための満タン給油。

走行距離184.5kmで消費したガソリンは3.14Lで、58.76km/L でした。まー平均的な燃費なんじゃないでしょうか。

これからの修理予定

  • ハンドルロック
  • フロントの泥除け

ハンドルロックは正直あまり直す気がないです。めんどくさそうなのと、キーが変わってしまうので、1本のキーですべて対応できるようにするにはハンドルロック、イグニッション、ヘルメットホルダー、燃料キャップの4つをすべて交換しなければならないのが面倒。

フロントの泥除けは至急なんとかしたい。水たまりの上を走ると、顔射されてしまうので。

ほしいもの

  • シールド付きヘルメット
  • 前カゴ
  • シガーソケットorUSB電源
  • 風防
  • ナックルガード
  • 携帯ホルダー

水たまりだけじゃなく、前の車のウォッシャー液を顔射されたりもするのでヘルメットにウィンドシールドは必要ですね。


2018-04-18

FreeBSD で CPU のマイクロコードをアップデートする方法

ハンドブックに載ってました。

マイクロコードのアップデートには他にも sysutils/cpupdate を使う方法などいくつかありますが、ハンドブックに載っている sysutils/devcpu-data をインストールして、rc.conf に

microcode_update_enable="YES"

と書いておく方法が公式に推奨されている方法なのだろうと思います。