«前の日記(2020-06-27) 最新 次の日記(2020-08-16)» 編集

meta's blog - The Power To Serve

筆者について

FreeBSDを通じてOSSにささかな貢献を。HTTPS化したいとは思っているんです…

OSS活動をご支援いただける方を募集しています


2020-06-29 [長年日記]

SoftEther 通信スループット測定サーバの構築方法 (FreeBSD)

私がメンテナンスしているSoftEtherVPNのFreeBSDパッケージで、通信スループット測定ツール(TrafficServer)の構築ができるようになったので構築方法を紹介します。

FreeBSDにおいては、3つのバージョンのSoftEtherVPNが利用できます。以下のバージョンから、お好みのものを選択してインストールしてください。

  • softether
  • softether-devel
  • softether5

※ Raspberry Pi など、非x86プロセッサアーキテクチャの環境で利用する場合は softether5 をインストールしてください。

# pkg install softether

以下のコミットで対応しています。pkg install する場合は、2020年7月以降にインストールすると、TrafficServer対応版がインストールできます。

通信スループット測定サーバを実行するには、以下のようにして softether_trafficserver サービスを実行します。

# sysrc softether_trafficserver_enable=yes
# service softether_trafficserver start

これで通信スループット測定サーバが実行されました。サーバは9821番ポートで待ち受けています。あとは、GUIの測定ツールから当該サーバを指定すると通信スループットをテストできます。

SoftEtherVPN 通信スループット測定ツール SoftEtherVPN 通信スループット測定結果

あるいは、CLIツールを使用して以下のように測定を実行することも可能です。

$ vpncmd /TOOLS /CMD:TrafficClient localhost
(snip)
通信スループット測定ツールによる測定結果  
  
項目名 | 通常の表示| 省略表示  
----------------------------------+--------------------+------------  
測定に使用した時間 | 00:00:15.010|  
Ethernet フレーム用にデータ補正 | はい|  
ダウンロード方向の通信データ量 |25,610,593,346 Bytes|25.61 GBytes  
アップロード方向の通信データ量 |25,615,098,993 Bytes|25.62 GBytes  
合計通信データ量 |51,225,692,339 Bytes|51.23 GBytes  
中継機器入出力合計スループット算出| いいえ|  
ダウンロード方向の平均スループット| 13,649,883,195 bps| 13.65 Gbps  
アップロード方向の平均スループット| 13,652,284,606 bps| 13.65 Gbps  
合計平均スループット | 27,302,167,801 bps| 27.30 Gbps  
コマンドは正常に終了しました。

IPv4/IPv6 両対応のクラウドなどに設置して、PPPoE/IPoEの速度比較に使うといいかもしれません。