«前の日記(2020-04-18) 最新 次の日記(2020-04-29)» 編集

meta's blog - The Power To Serve

筆者について

FreeBSDを通じてOSSにささかな貢献を。HTTPS化したいとは思っているんです…

OSS活動をご支援いただける方を募集しています


2020-04-27 [長年日記]

FreeBSD ports 作成: sysutils/mackerel-agent

はてなの提供するサーバリソース監視サービス Mackerel.io のエージェントである mackerel-agent のFreeBSD portsを作成しました。

もともと非公式ながらFreeBSDに対応しているので、素直に作成するだけ。rc scriptは少々手直ししました。

一応インストール方法や使い方を解説しておきます。quarterlyには入れていないので、pkg install できるようになるのは2020年7月以降になります。それまではportsからインストールしてください。

# portmaster -d sysutils/mackerel-agent

or

# make -C /usr/ports/sysutils/mackerel-agent install clean

インストールできたら、/usr/local/etc/mackerel-agent/mackerel-agent.conf を編集してAPIキーを追加します。

$ sudoedit /usr/local/etc/mackerel-agent/mackerel-agent.conf

以下の行にAPIキーを書いておきます。最低限の初期設定はこれだけ。 apikey = "WRITE_API_KEY_HERE"

サービスを有効にして、

# sysrc mackerel_agent_enable=YES
mackerel_agent_enable:  -> yes

サービスを起動する。

# service mackerel_agent start

ログはsyslogに出るようになっています。

# tail -f /var/log/messages
Apr 22 18:22:09 icepick mackerel-agent[76166]: 2020/04/22 18:22:09 main.go:174: INFO <main> Starting mackerel-agent version:0.67.1, rev:, apibase:https://api.mackerelio.com
Apr 22 18:22:20 icepick mackerel-agent[76166]: 2020/04/22 18:22:20 command.go:735: INFO <command> Start: apibase = https://api.mackerelio.com, hostName = example.vmeta.jp, hostID = HOSTIDHOSTID

しばらくすると、mackerel.io のコンソールにメトリクスが表示されているはずです。

GitHub Sponsors

GitHub Sponsors プログラムに参加し、無事に承認されました。ご支援いただけるとうれしいです。