«前の日記(2018-08-07) 最新 次の日記(2018-08-09)» 編集

meta's blog - The Power To Serve

筆者について - No Unix, No Life

日本xrdpユーザ会発起人。

とある元大学院生の UNIX 系日記。FreeBSDを通じてOSSに囁かな貢献を。 FreeBSD ports contributor やってます。

For non Japanese native people:
If you are interested in my articles, please leave comments. I will do my best to give you articles in English.


2018-08-08 [長年日記]

freebsd-update したら ZFS のバージョンも上げるのを忘れずに

割と忘れるのでメモ。

freebsd-updatebuildworld 等ででFreeBSDのバージョンを上げたら、ZFSのバージョンも上がっていることがある。メジャーバージョンが上がるとZFSのバージョンも上がっていることが多いが、必ずしも上がるわけではない。

いつもFreeBSDのバージョンを上げただけで満足してしまうので、ZFS (zpool) のバージョンの確認も忘れないように。

$ zpool status -v                                                                                           
  pool: zroot1                                                                                                         
 state: ONLINE                                                                                                         
status: Some supported features are not enabled on the pool. The pool can                                              
        still be used, but some features are unavailable.                                                              
action: Enable all features using 'zpool upgrade'. Once this is done,                                                  
        the pool may no longer be accessible by software that does not support                                         
        the features. See zpool-features(7) for details.                                                               
  scan: resilvered 8.32M in 0h0m with 0 errors on Wed May 10 10:10:15 2017                                             
config:                                                                                                                
                                                                                                                       
        NAME                               STATE     READ WRITE CKSUM                                                  
        zroot1                             ONLINE       0     0     0                                                  
          mirror-0                         ONLINE       0     0     0                                                  
            diskid/DISK-WD-WMC4M3026594p3  ONLINE       0     0     0                                                  
            diskid/DISK-WD-WMC4M3152869p3  ONLINE       0     0     0                                                  
        cache                                                                                                          
          gpt/l2arc0                       ONLINE       0     0     0                                                  
                                                                                                                       
errors: No known data errors

zpool upgrade すると全ての機能が使えるようになるといわれるので、OS側のZFSの対応バージョンが上がっている。 あまり調子に乗って上げていると、トラブルが発生してOSのバージョンを下げる必要があるときに困ったことになる。

ファイルシステムのバージョンは基本的に下げられないと思っていたほうがいいので、OSの新しいバージョンが十分に安定稼働していることを確認してから上げたほうがよさそう。

ZFS (zpool) のバージョンを上げるには、言われたとおりのコマンドを実行する。

# zpool upgrade zroot1
This system supports ZFS pool feature flags.

Enabled the following features on 'zroot1':
  device_removal
  obsolete_counts
  zpool_checkpoint

If you boot from pool 'zroot1', don't forget to update boot code.                                                      
Assuming you use GPT partitioning and da0 is your boot disk
the following command will do it:

        gpart bootcode -b /boot/pmbr -p /boot/gptzfsboot -i 1 da0

最後に、ブートローダーも新しいZFS対応のものに上げないと起動できなくなるのでこれはきっちりやっておく。da0は適宜読み替える。

以上、手順自体は今更メモしておくほどのことではないけど、ZFSのバージョンを上げるのを数年忘れていたので思い出しついでにメモ。