«前の日記(2013-02-03) 最新 次の日記(2013-02-05)» 編集

meta's blog - The Power To Serve

筆者について - No Unix, No Life

日本xrdpユーザ会発起人。

とある元大学院生の UNIX 系日記。FreeBSDを通じてOSSに囁かな貢献を。 FreeBSD ports contributor やってます。

For non Japanese native people:
If you are interested in my articles, please leave comments. I will do my best to give you articles in English.


2013-02-04 ports/175801 [長年日記]

TigerVNC の FreeBSD port (net/tigervnc) を作成しました

これまでの TigerVNC をおすすめする記事。

上のようにかねてから RealVNC を使うくらいなら TigerVNC に乗り換えるよう推していましたが、FreeBSD には TigerVNC の port がなかったので作成しました。

元々は bompopo さんに作成して頂いたものがベースになっています。 これをベースに OptionsNG 化や依存関係の見直し、pkgng 対応化や x11-server/xorg-server を使うようするための変更などを加えて完成しました。自分でしばらく使っていましたが、オフィシャルの ports tree に入れてもいいくらいの完成度に仕上がったため先ほど submit しました。

オフィシャルの ports tree に取り込まれるまでにはもうしばらくかかると思いますが、すぐに試してみたいという方は上のページからダウンロードして試してみて下さい。

$ wget -O "http://www.freebsd.org/cgi/query-pr.cgi?pr=175801&getpatch=1" | sh
$ cd tigervnc
# make install

などでいけると思います。net/vnc や net/tightvnc をインストールしている場合は先にアンインストールしないと衝突するので注意して下さい。

既に FreeBSD ports tree に存在する net/vnc や net/tightvnc と比較して、個人的に一番の利点は VNC セッションのスクリーンサイズを後から変更できる点です。RealVNC や TightVNCではこれができませんでした。VNC でログインした X セッションで

$ xrandr

と引数なしで xrandr コマンドを実行すると、選択可能な解像度の一覧が出るので、

$ xrandr -s 1280x800

などと実行すると既存のセッションに接続したまま、すべてのアプリケーションの状態をそのままにスクリーンのサイズを変更することができます。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]
Σ びんぢ (2013-04-02 06:04)

昨日 VPS サービスの仮想マシン(FreeBSD) に VNC サーバを入れて落ち着いたのですが、快適になることを信じて入れさせて頂きます!<br>ただ、記載されいる方法で取得出来なかったので portsnap 使って取得しました。<br><br>ここで報告するもんじゃないけど…エラーが出てビルドできませんでした。<br><br>===> Building for tigervnc-1.2.0<br>gmake: Makefile: No such file or directory<br>gmake: *** No rule to make target `Makefile'. Stop.<br>*** [do-build] Error code 1<br><br>Stop in /usr/ports/net/tigervnc.<br>*** [install] Error code 1<br><br>Stop in /usr/ports/net/tigervnc.

Σ meta (2013-04-02 11:35)

make -C /usr/ports clean してから試してみて下さい。それでもダメならPR上げて下さいー。

Σ びんぢ (2013-04-02 14:19)

ごめんなさい。<br>ports を更新して、INDEX やら DB やら更新して、やってみたらインストールできました。<br>ありがとうございました