«前の日(11-30) 最新 次の日(12-02)» 追記

meta's blog - The Power To Serve

筆者について - No Unix, No Life

日本xrdpユーザ会発起人。

とある元大学院生の UNIX 系日記。FreeBSDを通じてOSSに囁かな貢献を。 FreeBSD ports contributor やってます。

For non Japanese native people:
If you are interested in my articles, please leave comments. I will do my best to give you articles in English.


2018-12-01 山の奥(感激的な格安価格)

山の奥(感激的な格安価格)

本記事は 山の奥 Advent Calendar 2018 1日目の記事ですが、諸事情により1日遅れでの公開です。

「山の奥」とは「イ 良い日ンマ」「スアグドデ」に代表される中国の怪しいSDカード…だったはずなのですが、実はそうでもありません。Amazon.co.jp に出店している中国の商社?のようで、主要な商品はmicroSDカード、日用雑貨、ファッションアイテムなどです。

その中でも、主力商品(と勝手に決めつけている)のmicroSDカードについて取り上げてみます。容量は32GBで値段は499〜600円程度で変動があります。中国から国際郵便で送られてくるので、発送から到着までは2週間くらいかかり、送料は関東以外だと300円前後かかります。アマゾンで購入する際は、出品者が「***山の奥(感激的な格安価格)***」であることを確認してください。他の出品者からも出品されていますが、そちらについては本物である保証がありません。

32GBで500円と考えるとそこそこ安いですが、関東以外で送料込だと800〜900円になるので、量販店での安売りと同じレベルなので圧倒的なやすさとまではいかなくなります。それでも安い方ですが。山の奥の良いところは、microSDカードに「山の奥」の印字があるところです。これは他の怪しいSDカードにはない点です。フォントは購入時期によってゴシック体と明朝体のバージョンがあるようです。

「山の奥」という「極度乾燥(しなさい)」に通じる謎の日本語が印字されているというだけで、500円の価値があると言っても過言ではないですが、なんとこれは本当にmicroSDカードとしても使用できます。容量の詐称等は購入した限りではなく、きっちり32GiB使用できました。耐久性については未知数ですが、速度はロットによって速いものと普通のものがあります。

「山の奥」の印字目当てで購入しても、32GBの容量である程度普通に使える、なかなかおすすめです。今まで数枚買った限りでは、高速なものと普通のもののどちらも普通に使えました。

※ 大事なデータにはTOSHIBAやSanDisk、Transcendなどの大手メーカーの正規品を使いましょう。

他のレビューはあっきぃさんのブログなどを参照。

購入は以下からどうぞ。

山の奥ユーザー会オープンソースカンファレンス2018 Fukuokaオープンソースカンファレンス2019 Tokyo/Springに出典しています。山の奥ユーザー会では山の奥ハッシュタグシールを配布していますので是非足をお運びください(山の奥ハッシュタグシールは感激的な格安価格とは関係のない非公式パロディグッズです)。