«前の日(11-29) 最新 次の日(12-01)» 追記

meta's blog - The Power To Serve

筆者について - No Unix, No Life

日本xrdpユーザ会発起人。

とある元大学院生の UNIX 系日記。FreeBSDを通じてOSSに囁かな貢献を。 FreeBSD ports contributor やってます。

For non Japanese native people:
If you are interested in my articles, please leave comments. I will do my best to give you articles in English.


2018-11-30 NCロードスターバッテリー交換

NCロードスターバッテリー交換

以前からバッテリーが弱っているのは承知の上で、騙し騙し「まだいける」と高をくくっていたらとうとう長距離走行の翌朝でもセルが回らなくなってしまっていたのでバッテリー交換しました。

前のバッテリーは2015年9月にNCを購入したときについていた、購入時に新品交換されていたかも不明なもの。仮に新品交換されていたとしても、丸3年以上経っています。不注意でトランクを開けたまま2日放置してバッテリーをすっからかんにしてしまったり、その後もセルがカチカチいう程度のバッテリー上がりを経験しているバッテリーなので、かなりへたっていたのでしょう。

2017年4月にすっからかん、2018年8月に9Vくらい、そして2018年11月にまた9Vくらい、まあ寿命でしょう。それなりの距離を走行した後の始動で上の動画のような感じだったので、うっかりエンストすると再始動できないかもしれないという恐怖があり、街乗りでは使えないレベル。

ロードサービスを呼ぶのが面倒だったので、ダメ元でカブから充電してジャンプスタートできないかなとやってみたけど無理でした。知ってた。数時間かけてバッテリーを充電してからなら始動できたかもしれないけど、敢えてやるものでもないですね。

カブでジャンプスタートを試している間に新しいバッテリーは発注していて、翌日となる今日届いたので、さっそく交換。新しいバッテリーは安定のパナソニックのカオスシリーズ。元からついていたのは韓国製のよくわからんバッテリー。

ただのバッテリー交換なので、特にこれといって面白いことはなくサクッと交換して無事にインストール完了。

ECUの初期学習とパワーウィンドウの位置学習などをしておしまい。今回購入したバッテリーは、廃バッテリー無料回収サービスつきなので、新品のバッテリーの入っていた箱に古いバッテリーを入れて購入店に着払いで送り返せばいいのですが、今回はもともとついていたバッテリーより小さいものに交換したので箱に入らず。

適当な手持ちの空き箱に詰めるとこんな感じに…。これを佐川急便で送ります。