«前の日(08-09) 最新 次の日(08-11)» 追記

meta's blog - The Power To Serve

筆者について - No Unix, No Life

日本xrdpユーザ会発起人。

とある元大学院生の UNIX 系日記。FreeBSDを通じてOSSに囁かな貢献を。 FreeBSD ports contributor やってます。

For non Japanese native people:
If you are interested in my articles, please leave comments. I will do my best to give you articles in English.


2011-08-10 Xfce4のSuperキー周りの挙動

Xfce4のSuperキー周りの挙動

あとで対処するためのメモ。

Xfce4.8 で p キーと Tab キーが効かないという症状に遭遇。 症状と原因はこのあたりと全く同じ。

Super キーとの組み合わせで定義されているショートカットキーが、Super キーと組み合わせなくても単独で発動してしまうらしい。

対症療法は Super キーと組み合わせるショートカットを使わないようにすること。

$ grep Super ~/.config/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml
     <property name="&lt;Super&gt;p" type="empty"/>
     <property name="&lt;Super&gt;p" type="string" value="xfce4-display-settings --minimal"/>
     <property name="&lt;Super&gt;Tab" type="empty"/>
     <property name="&lt;Super&gt;Tab" type="string" value="switch_window_key"/>

マッチした行を削除すると発生しなくなる。

根本的に対処するには Ubuntu bug #568401 のようなパッチが必要。 これは Ubuntu 向けのもので GNOME に対するパッチ?

Xfce4 に適用するためのパッチを書く必要があるかもしれない。 忙しいのでパッチはまた今度。

あとでパッチを書くためのメモでした。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

Σ 深淵 [http://w.vmeta.jp/tdiary/?date=20100623#c01 こちらの記事について質問です..]


2013-08-10 MacBook Air Mid 2009 (MacBookAir2,1) の第二の人生はシンクライアント

MacBook Air Mid 2009 (MacBookAir2,1) の第二の人生はシンクライアント

4年ぶりの新機種購入によりお役御免になった MacBook Air Mid 2009の使い道を考えていました。

メモリはたったの 2GB しかないものの CPU は Core 2 Duo 2.1GHz なのでまだ戦える、SSD は 120GB で Read 100MB/s, Write 30MB/s くらい。排気口が底面にあるので机に置いて使うと熱暴走しやすい、ディスプレイは 1280x800 で今となっては少し狭い。バッテリーの持ちは2時間程度。

無線 LAN は 11n 5GHz 帯での 40MHz 幅 300Mbps でリンク可能で性能は良いので xrdp + x11rdp が動作している FreeBSD 機に接続するためのシンクライアントとして第二の人生を送ることになりました。熱暴走しやすいので排気口のところに USB 扇風機を引っ掛けて冷却、もう少し置き方を考えればディスプレイの後ろに収納できそうです。

20130812_015429.jpg